おもちゃ

生前整理をするメリット|有終の美を飾るには

もしもの時に備えよう

ダンボール

一人で片付けるのは大変

持病の悪化で長期間入院していた友人が退院したあと生前整理を始めました。体力や気力、記憶力が確かなうちに生前整理をしておこうと思い立ったのだそうです。生前整理とは不必要な品物を処分したり土地や家、預金、貴重品などの財産整理をすることです。子供が全て独立して一軒家に一人暮らしをしている友人の家にはモノが溢れかえっています。これを一人で片付けるには大変な時間と手間がかかってしまいます。そのため友人は業者に依頼して生前整理を行うことにしたのです。生前整理は遺品整理業者や不用品回収業者などが行っています。友人は地元の遺品整理業者に依頼して家財道具などの不用品の生前整理を行いました。まず最初に見積もりをしてもらい、料金やスタッフの人数、作業内容などを取り決めます。作業日には2人のスタッフが来て必要なものと不必要なものとを仕分けし、不用品やゴミは回収処分してくれます。スタッフの人数は作業内容などによって変わってきます。不必要な台所用品や衣類、家具などを片付けたあとは家の中を清掃して作業は終わりです。この作業は2日程度で終わりましたが、友人は1人ではいつまでたっても片付かなかったかもしれません。家の中がすっきりしたことで日々の掃除も楽になったと話していました。遺品整理業者はお墓の準備や葬式の手配など終活全般に関する相談にものってくれるそうです。生前整理や終活をするならまず専門の業者に相談してみることをおすすめします。